分団紹介

現在、入間市消防団は7つの分団により組織されています。
各分団には分団長以下、2〜4部の小隊が編成され、それぞれの管轄地域の防災活動につとめています。
また、平成27年度より女性団員も入団し、活動の幅も広がりをみせています。

第1分団   第2分団   第3分団   第4分団   第5分団   第6分団   第7分団   女性消防団

女性消防団

平成27年7月より入間市消防団に女性団員が誕生しました。
消防団広報活動をはじめ、応急手当普及員の資格を取得し、普通救命講習の講師として出向など、これまでの消防団活動とは違った現場でも活動しています。

女性消防団をPRするにあたって市民の方々に親しんでもらうためにロゴマークを作成しました。
入間市=茶。「茶」を用いて女性消防団のイメージを万燈まつりで募集し、”炎茶(ファイティー)”という2文字があげられ、これを参考に私たちでロゴマークを考えました。
市民の方々を考えたロゴマークを胸に、今後もより一層親しんでいただけるよう活動に力を入れていきたいと思います。

管轄地域: 入間市全域
入間市内、地域に関係なく様々な消防関係行事に参加しています。
活動内容:
消防団全体行事
各種消防団PR活動
普通救命講習会(講師として出向)
埼玉県内女性消防団員関連行事(消防団相互交流)

活動報告(女性消防団)

平成29年度女性消防団員研修会
2017.06.30

6月3日(土)、所沢市ベルヴィ ザ・グラン西所沢を会場に埼玉県消防協会第2ブロック連絡協議会第10回平成29年度女性消防団員研修会が開催されました。

今年の担当は所沢市女性消防団員の皆さんでした。
女性ならではの発想と知恵、2度目の開催ということもあり、しっかりと準備された素晴らしい研修会でした。


<第一部>
講演会
講師として、埼玉西部消防組合狭山消防署 石原有美氏、所沢中央消防署 宇多田圭純氏お二人による「女性消防吏員として」のお話をいただきました。

<第二部>
所沢市女性消防団員による活動報告

<第三部>
テーブル席替え後、情報交換会が行われました。恒例となった名刺交換や各市町村の活動について、情報共有しあうなど交流が持てました。

今後の活動の参考にさせてもらいたいと思える有意義な研修会でした。


女性消防団歓送迎会
2017.06.30

5月29日(月)、市内飲食店にて女性消防団の歓送迎会が開催されました。

今回は、新入団の鈴木さん、横山さん、事務局の八木さん、小塚さん、本部分団長の佐久間さんの歓迎、女性消防団発足時よりお世話になった谷路さんの送別の会でした。
普段の活動時にはお話しできないようなプライベートなことや今後の活動方針についてたくさん語り合いました。今後は事務局の小塚さんと敬語でないくお話しできるようになることが目標です!!(笑)

このように年に数回集まり、団員同士の親睦を深めています。年齢も職業もバラバラですが、入間市のために活動していこうとする気持ちはみんな同じです。今後も私たち女性消防団をよろしくお願いいたします!!


埼玉県女性消防団員大会
2017.06.30

12月10日(土)、三郷市文化会館にて行われた「埼玉県女性消防団員大会 in みさと」に参加してまいりました。

各女性消防団の活動報告には、操法大会、ハンドベル、劇、手話、作品展示などがあり、大変興味深く感じました。特に操法大会については、平成27年の三郷市消防団操法大会において、男性団員と同じ条件で出場した小型ポンプの部で女性団員の出場隊(アザレア分団)が準優勝したということでした。「努力は裏切らない」というメッセージは、これからの私たちの活動にも大きな力になると感じました。

記念講演として、元フジテレビアナウンサーの松田朋恵さんより「言葉の力で整える心と体の健康バランス」と題し、自身の経験を元にしたお話を伺いました。
また、抽選会の際には登場した埼玉県各地を代表するゆるキャラの介助や、入間市女性消防団員の黒米さんによる宣誓などが行われました。


女性消防団員研修会
2017.06.30

6月18日(土)、狭山東武サロンにて平成28年度埼玉県消防協会第2ブロック連絡協議会女性消防団員研修会が行われました。

この研修会は、第2ブロックの8支部(狭山入間支部・坂戸支部・埼玉西部支部・比企支部・西入間支部・入間東武支部・川越支部・所沢支部)に属する市町村の女性団員のみ100名以上が出席し、毎年開催されているものです。
研修会では講師による講義や団員による活動発表の視聴、その後の情報交換会では他市町村の女性団員と名刺交換をして交流を深めます。

活動発表は年ごとに担当する支部が決まっており、本年度の担当は入間市が属する狭山入間支部。
経験不足の私たちはそんな活動発表をすれば良いのかよく分からない中、入団後に取得した応急手当普及員の資格を活かし、AEDを使用した心肺蘇生法を劇場型で発表することにしました。

仕事帰りの夜に集合して何度も練習を重ね、本番に臨みました。
ステージ上での演技は緊張しましたが、多くの方々から好評をいただき、嬉しく感じました。

デザイン考案から始めたTシャツ作成等の事前準備、来場者のお出迎えやお見送り、ウェルカムボードの作成、司会進行等も多忙で大変でしたが、思い出深いとても貴重な経験となりました。


第22回全国女性消防団活性化北海道大会
2017.06.30

平成28年6月3日(金)、第22回全国女性消防団活性化北海道大会が北海道札幌市のニトリホール及び札幌市教育文化会館において開催されました。

全国から3,300名を超える女性消防団員、関係者の方々が参加し、入間市からは関係者を含め5名が参加しました。
全国各地の女性消防団員の活動事例発表、火災予防啓発劇、そして記念講演では旭山動物園長の坂東元さん、長野オリンピックメダリストの岡崎朋美さんより貴重なお話しを伺いました。
また、各地の女性団員との意見交換の場もあり、普段交流する機会が少ない近隣消防団の団員とも深い交流を持てたと思います。
近隣消防団と交流を持っておくことは地域のネットワークをより強力にします。大きな災害がおこった時にも、地道に培った地域ネットワークを利用し、災害を最小限にできるよう、今後も女性消防団の交流の機会を増やし、大切にしていきたいと感じました。